2010年02月25日

違憲状態「放置できぬ」=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は24日午後の記者会見で、東京高裁が昨年8月の衆院選の定数配分を違憲状態と判断したことについて「放置するわけにはいかない。各党、各会派で何らかの対応をしていかなければならない」と述べ、是正に向けた取り組みを求めた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

「特定看護師」創設、モデル事業実施へ(医療介護CBニュース)
新国会議員会館にコンビニや託児所 テークアウト・カフェも計画中(産経新聞)
危機管理上問題ない=秘密裏の大阪訪問−平野官房長官(時事通信)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
石川議員、辞職重ねて否定(時事通信)
posted by オザワ フミオ at 04:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。