2010年02月14日

漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い−海保(時事通信)

 北方領土の国後島沖で北海道の漁船2隻がロシア国境警備隊から銃撃を受けた問題で、2隻が位置情報を送信する漁船位置管理システム(VMS)の電源を故意に切っていた疑いが強まり、第1管区海上保安本部(小樽市)は10日にも、道海面漁業調整規則違反容疑で2隻の船長2人を逮捕する方針を固めた。日ロ間で定めた安全操業海域を外れて操業していた疑いもあるとみて調べる。
 2隻は羅臼漁協所属の漁船「第58孝丸」(19トン)と「第63清美丸」(19トン)。1管は同日、船長の自宅などを家宅捜索した。
 1管によると、2隻は同規則に基づき、出港から入港までの間、VMSを常時作動させることを義務付けられている。しかし、1月29日の銃撃前、2隻のVMSの記録には約4時間半にわたる空白があり、行動が確認できないという。 

<横浜事件>元被告の遺族に全額補償 事実上無罪判決 地裁(毎日新聞)
「三百代言」のそしり、免れないのはどちら(読売新聞)
王将戦第3局 久保が勝ち2勝目(産経新聞)
<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)
過失致死容疑 マイケル専属医を訴追(産経新聞)
posted by オザワ フミオ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。