2010年01月28日

検察官が操作ミス、被害者写真をモニターに表示(読売新聞)

 知人男性を負傷させて現金3000円などを奪ったとして、強盗致傷罪などに問われた千葉県松戸市、飲食店従業員笠間太士被告(27)の裁判員裁判の初公判が26日、東京地裁(半田靖史裁判長)で開かれ、検察側が証拠説明の際、被害者の男性の顔などが写った写真を法廷内の大型モニターに映してしまうミスがあった。

 検察官は公判終了後、男性に謝罪した。

 検察官は証拠説明で、キリで背中や腕を突き刺された男性の負傷状況の写真を示す際、傍聴席から見える大型モニターを消し、裁判員や裁判官らの目の前にあるモニターだけに映した。その後、大型モニターをつけて証拠説明を続けたが、検察官が操作を誤り、上半身裸で横向きの男性の写真など数枚が大型モニターに映し出された。

 東京地検特別公判部では「今後はミスがないようにしたい」としている。

小沢氏の説明に期待感 「大変望ましい」 鳩山首相(産経新聞)
57歳中学教諭、校名シール付いた備品を質屋に入れ御用(スポーツ報知)
おとり捜査、薬物密売グループ52人摘発(読売新聞)
日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書−新聞協会など(時事通信)
25日の小沢民主党幹事長の記者会見要旨(読売新聞)
posted by オザワ フミオ at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。